【体験談】職業訓練の企業実習ってどんな感じ?気になる内容や雰囲気など

LIFE
スポンサーリンク

こんにちは、Misoです。
わたしは2020年10月〜2021年3月まで職業訓練の企業実習付の実践Webプログラミングコースに通っていました。
ここでは、気になる職業訓練の“企業実習”についてご紹介します。

企業実習では、どんな会社に実習に行けるの?どんな内容を任されるの?身になるの??

など、これから実習がある方など気になることがたくさんあるかと思いますので、わたしの経験談からお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

企業実習先はどうやって決まる?

まずはそもそも企業実習先はどうやって決まるの??というところ。学校によって異なる可能性があるため、参考程度で読んでいただければと思います。

わたしの通っていた訓練校では、1クラス15人に対し、5社の実習先が提示されました。(コロナ禍で、実習先を受け入れてくれる企業も減っているよう。)
実習先によって受け入れ人数が違い、1人のところから多くて5人のところがありました。
Webプログラミングコースを受講していたので、実習先企業はWeb制作会社(プログラミングメインのところと、Webデザイン系がメインのところと企業によって異なる)です。
※実習先によっては、年齢の制限があったり、PCを持ってこれる人が条件というところも。

そして気になる決め方ですが、わたしの学校の場合は下記のようなステップで決まりました。

①クラスの中で順番に企業名が読み上げられ、挙手制で希望をとる

②希望者数が企業の受け入れ先の人数を超えていないところは、この時点で確定

③希望者数が企業の受け入れ先の人数を超えているところは、話し合いで誰が行くかを決める(話し合いで決着が着くことはもちろんなく、結局じゃんけんで決めました)

④じゃんけんで負けた人が、自動的に受け入れ先人数を超えていないところに行くことが確定

学校曰く、今まで色々やってきてこの方法が一番公平な決め方だそうです。
中には実習までに就職が決まって、実習が始まる前に退校していく人もいました。

実習時間や持ち物など

実習時間や持ち物は、企業によって様々。

時間は基本的に1時間休憩ありの6時間勤務。朝は早いところで9時から、遅いところで10時半スタートという感じです。

持ち物に関しては、わたしの場合は受け入れ人数が5人の会社だったこともあり、会社のPCが足りないということでパソコンを持っていかなければいけませんでした。
あとは、念のために訓練校で使っていた教科書も持って行っていました。

実習内容

実習内容も気になりますよね。以下、わたしの実習先で実際にやったことのざっくりしたまとめです。

・WordPressの更新作業
・バナー制作
・Webクリエイター能力試験の勉強(試験を会社で受けさせてくれるとのことだったので)
・サイトマップ作り
など

もちろん大きな仕事を任せてもらえるわけもなく、細かな部分のお手伝いをさせてもらいました。ただ実習生として5人もいたので、仕事は結構取り合い状態。笑
試験勉強や自習をしている時間の方が多かったかもしれません。

上記以外にも、”LP(ラウンディングページ)の下部に、JavaScriptを使って20件ほどの病院の住所をそれぞれgoogleMap内にピンで位置付けしたものを埋め込める?”など難易度高めのことをお願いされることもありました。(もちろんわたしにはできませんでしたが汗汗)

身になったか?(実習に参加した感想)

約3週間の企業実習に参加してみて。

わたしはWeb業界が全くの未経験だったため、少しでも仕事内容や雰囲気を知ることができたことに関しては、本当に良かったと思っています。と同時に、やはり訓練校で学んだことだけで実務をこなすのは非常に難しいなと感じ、未経験からWebデザイナーやプログラマーになるのは難しいと言われていることに納得できました。

実習期間中は自習の時間も多かったですが、会社の方がポートフォリオを見てアドバイスをくださったり、業界のことについて色々教えてくださいました。

こういった意味では、実習に行って良かったと思っています。
また、企業によってはそのまま採用試験を受けれるところもあるので、それも企業実習のメリットになるのではないでしょうか。

さいごに

以上がわたしの企業実習の体験談でした。

ただ、内容も実習先によって当たりはずれはあるようで、他のクラスメイトの話を聞いていると、「訓練校で習っていないプログラミング言語の課題を出されてひたすらそれをやっていた」「企業の人とはずっとチャットでのやり取りで、話す機会がなく孤独だった」などという声も。

そして、実習が始まり訓練修了間近になってくると就活が精神的にも苦しくなってきます。
なので就活も同時並行で計画的に行うことをおすすめします。

その他にも実体験からの職業訓練に関する記事をいくつか書いているので、よろしければご覧ください。
↓これまでの職業訓練に関する記事はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました